by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
経営と芸術家顛末
at 2017-03-27 21:03
クラシック倶楽部
at 2017-03-26 12:54
経営と芸術家
at 2017-03-26 12:28
山中伸弥物語
at 2017-03-10 15:04
コンサート
at 2017-02-09 13:56
教室で使う曲からも徴収
at 2017-02-02 16:03
アバド命日
at 2017-01-20 10:54
保育士試験結果
at 2017-01-18 14:50
受験生へ
at 2017-01-14 22:50
2017年
at 2016-12-31 21:27
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ:CD/youtube( 26 )
ピアニストでアイドル
ピアニスト中村紘子氏
1963年のLP音源が載っている
ぷちぷち という針音も懐かしい
強靭 というようなタッチ
しょぱこんに入賞した時の欧州の新聞には
“敗戦国日本から来た一人の少女が・・・”という書き方をされていた と スタパ出演のときに話してい
そのころからの活動
72歳で死去 は 若いけれど 人より早くから活動してたのだもの 演奏人生は長い

一時期 卒業後の母校にある研究所で 指導されていた

最後のコンサートは公式サイトにも出ているように淡路島の洲本という所だった
洲本出身のネットとも曰く
「同級生が呼んだんだよー」
地方には 名士 文化人がたくさんいる

ハイドシェック なども 宇和島 とか 思いがけないところでコンサートが開かれる
地元の名士たちが 自宅に泊め 練習室のピアノを貸し 地元の公会堂で弾く という

中村氏の最後も
なんか手作りらしいアットホームな会だったのだろう

ようつべに いくつも載っています
ご参照


[PR]
冬の旅
c0044677_19154116.jpg


ドラマ『相棒』
で使われていた音楽。
荒涼とした冬の小樽の景色に、
非常にあっていた。

ロマン・トレケールは、オペラではすでに有名という事。

全体的に、歌曲も劇的な歌唱。
〝菩提樹〝〟などは浪漫的だ。


060.gif
[PR]
バルカローレ
現在手がけている曲

カツァリス

が楽しそうに弾いている




\\\
[PR]
ようつべの動画
http://m.youtube.com/watch?v=63wqyJ-1ZI8&feature=youtu.be&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D63wqyJ-1ZI8%26feature%3Dyoutu.be

More
[PR]
ギター協奏曲
作曲家近藤浩平氏の新曲
初演の模様が
YouTubeにアップされています

近藤浩平 ギター協奏曲「旅するギター」作品131:


___
[PR]
バッハで始まり

c0044677_22352677.jpg
バッハのpコン1番は古楽器ふうな演奏
ハイドンのpトリオ
シューベルトのノットルノ のしんとした深さがいい
ショーロ5番

高橋氏の自作 老いたるえびのうた
室生犀星の詩に曲をつけたもの
作曲家自身の詩の朗読があり あいだに
現代曲が入る 

最近時々朗読の会に行くが
音楽が入ったものは また雰囲気が違う
これは自作だから オリジナルということで
既存の曲と朗読を合わせたものとは違う
音楽メイン
俳優の整然とした朗読とは違い
ぼそぼそとした朗読が 作曲家の生身を感じる

ーバッハで始まり高橋悠治で終わるー
オケ アンサンブル金沢

[PR]
ユーカリ


メゾソプラノ波多野睦美のCDから
1曲目の民衆に訴える から印象に残る
波多野さんのまっすぐな声質が
高橋悠治のピアノの 残響を排除した礫のような音によくあっている


10曲目の ユーカリ
ハバネラの伴奏に美しいメロディが歌われる
ぐぐってみたら クルトワイル作曲 初めは劇伴だったそう
作曲家は 三文オペラ で有名

世界の果てにあって 
あらゆる悩みから解放されたユーカリ という理想的な島の描写と憧れ
最後の一節
「そのような場所はどこにもない」


高橋悠治の伴奏が秀逸
歌のメロディーとユニゾンになるところなどは逸品
ハバネラのリズムである左手も巧く 聞かせどころを心得てある
さすがに鬼才 ですね

何かしら郷愁を誘うようなメロディ
ようつべでみたら いろいろな人が歌っている

http://www.youtube.com/watch?v=d79XYhr6tsg



ゆりかもめさん
が、クルトワイルをアップしています





ーーーー
[PR]
wow
ジャズピアニストの大西順子は引退するという
どんなおんがくをやっていたのか
繙く

これはデビュー盤ということでピアノトリオ
ひじょうにバランスが良い

そちらも聞いたけれど
アメリカンなジャッジー
ホーンと言われるブラスが入っていて
これが本場のジャズなのかなー

Wowの方がクラシック的で聞いていてゆったり出来る

高校卒業して 単身ボストンにあるバークリーに行ったという

演奏家としては引退するけど
アレンジャーやプロデューサーとしては
活動するのだろうね
c0044677_21554616.jpg

[PR]
back at the club/小曽根真
c0044677_23151020.jpg


今日は小曽根真を聞いた

毎日1枚聞いている ゆりかもめさん にはおよびませんが
 
これぞジャズのビッグバンドの本領 といった感じの一枚
バンドの`No Name Horsesは地元の公会堂でのライブを聞いた
小曽根さんはソロだと(セミ)クラシック的だが
セッションになるとジャズマンの才が光る

純粋なクラッシックの曲も弾くけれど
やはりジャズをやってほしいね




\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
[PR]
ピアノマニア
c0044677_2283746.jpg



ピアノの調律って調律師任せにしてません?
この映画を見たら
細かくちまちまと注文した方がいいな
と思います
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20111029_8318.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More
[PR]