by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
経営と芸術家顛末
at 2017-03-27 21:03
クラシック倶楽部
at 2017-03-26 12:54
経営と芸術家
at 2017-03-26 12:28
山中伸弥物語
at 2017-03-10 15:04
コンサート
at 2017-02-09 13:56
教室で使う曲からも徴収
at 2017-02-02 16:03
アバド命日
at 2017-01-20 10:54
保育士試験結果
at 2017-01-18 14:50
受験生へ
at 2017-01-14 22:50
2017年
at 2016-12-31 21:27
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
ワルトビューネコンサート2004
2004-10-09
 先週BSで放送された、ベルリンフィルのサマーコンサート2004の録画を見ました。今回のテーマはチャイコフスキー。まず、ラン・ランのピアノで協奏曲。中国審陽出身の若いピアニスト。一昨年、来日リサイタルを聞きましたが、最初のリサイタルでイスラメイを弾いて、かなりテクニックがあるピアニストでした。協奏曲も、大ぶりな目だつ演奏でした。そのあとは、くるみ割り人形から。賑やかで、曲調も1曲ごとに変わり、大人数のピクニックコンサートでは、うってつけのように思いました。ラトルの選曲の妙でしょうか。ワルトビューネの森の中で、始まった頃は青かった空が、だんだん暮れてきて、黒くなった頃には客席に蝋燭が灯り、線香花火の様なあかりがあちこちでつきます。ホール内の演奏ではわからなかった、時間の流れというものがみられます。アンコールはシェスタコビッチのバレエ音楽から、ポルカとダンス。最後がベルリンの風。聴衆一同が全員で盛り上がれる曲があるのはいいです。日本の演奏会ではこういう曲がないです。オケで『ラデッキー行進曲』をやる所がありますが、日本の独自のものではない。3大テノールの来日コンサートのアンコールでも『川の流れのように』でした。皆が一緒に歌える、というものではなかったです。ベルリン、ウイーン、アムステルダム、などのコンサートを見ると、クラッシック音楽が、人々の間に根ざしているもの、と思えてなりません。(ベルリンフィル&ラトル:ワルトビューネ、ピクニックコンサート2004から)
[PR]
モーツァルトが病気に効く
 夕方買い物に行った帰り、雑誌の棚でふと目についた文字が。『モーツァルトで病に負けない!』
サンデー毎日の今週号でした。音楽療法の先生の所に取材に行った様子が書かれていました。なんと、母校の先生でした。 モーツァルトのピアノソナタをまず聞かされて、記者もいい気持ちになったとか。次にベートーベンの悲愴一楽章。これはちょっと比較する曲が、極端かと思いました。月光や31番などではどうだったかと思いました。
 先生曰く、モーツァルトは高音の響きが出て、気持ちよい、ベートーベンは音が密集しているので、そうならない。
 この論理に基づいて、医大の先生が監修し、発売したCDが在庫切れになるほど売れているとか。
 以前には、アメリカの大学で実験して、モーツァルトの2台のピアノソナタで偏差値が上がる、という記事も出ています。ペライア&ルプーのもの。ジャケットの帯にもたしか頭の良くなる、とか付いていたように覚えています。この時もCDが売れたとか。うちの棚にもあるくらいですから。
モーツァルトは難聴にもいいとか。しばらく聞いていなかったので、聞いてみようかと思ってしまう。
う~ん宣伝の威力、恐るべし。(04-10-07)
補:(05-8-31)
[PR]