by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
音楽大学卒業生の悲惨な就職事情
at 2018-10-23 19:55
大仏殿奉納音楽
at 2018-09-23 12:06
絵本の読み方
at 2018-09-04 09:29
平成30年保育士試験
at 2018-07-05 11:55
ベートーヴェンの生涯/青木やよひ
at 2018-06-14 15:25
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カムバックしたおけいこシリーズ
 昨日からNHK教育で始まった、ピアノレッスン。何かと内容にもの申されてきた『趣味講座』がおわって、本来の内容の濃い『ピアノのおけいこシリーズ』が再開されました。その名も『スーパーピアノレッスン』
 『モーツァルトの音楽を通して、ピアノを弾く喜びを深める。17回にわたって名ピアニスト、フィリップ・アントルモンが登場。モーツァルトゆかりの音楽の都ウィーンで、各国から集まった音楽家をめざす若者たちにテクニックを指導し、音楽表現について熱く語りかける。番組では、アントルモンによるモーツァルトのソナタや小品などの名曲のレッスンと模範演奏、さらにモーツァルトを生んだヨーロッパの歴史的な土壌や文化も伝えながら、多角的に音楽のすばらしさに迫る。
 「ピアノのおけいこ」の伝統を踏まえたNHKならではの「スーパーピアノレッスン」で、ピアノの実力を一歩飛躍させる。』(番組の宣伝より)
 講師はフィリップ・アントルモン。生徒は日本、韓国、台湾、イタリア、オーストリア計7人。1回目はソナタK311ニ長調。生徒はウイーン音大に学ぶ16歳の日本人女子。指が非常によくまわるのですが、エチュードを弾くように弾いてしまう。ちょっとテンポが不安定で、クレッシェンドが速くなってしまう所を注意されていました。焦って、滑っているような感じに聞こえます。後は指使い。弾きにくい左手の部分を右手で取っていた(!)のを直されていました。指替えの親指の準備が遅く、16分音符がでこぼこになってしまう。「指使いは大切、ちょうどフレーズが上手く流れるように書いてあるから守るように」「楽譜をよく見る、スタカートがないのにつけないように」など、フレーズごとに止めて注意します。かなり細かいです。全体的な注意としては「モーツァルトが難しいのは、明快でごまかしがきかないから」「バランスよく均整がとれていなければならない」これから7月までの間モーツァルト。その後、ベートーべン、ショパンも予定されているようです。会場はベヒシュタイン伯のサロンですが、ピアノは日本製でした。(NHK教育4月5日火曜から毎週火曜・教育・午後7時25~7時50分)
[PR]
by klavier_noten | 2005-04-06 21:29 | 音楽/放送 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klaviernot.exblog.jp/tb/19222553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。