by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
「音楽家の駆け込み寺になりた..
at 2018-02-15 12:12
第7回メモリアルコンサート
at 2018-02-07 19:27
芸大指揮からホテルマン そして
at 2018-01-28 23:40
2018
at 2018-01-01 21:50
ハリトーノフピアノリサイタル
at 2017-12-01 20:49
夜想曲 カズオイシグロ
at 2017-10-12 23:24
小さい秋見つけた
at 2017-10-07 16:45
8月
at 2017-08-08 13:56
モーツァルトピアノソナタシリーズ
at 2017-07-22 00:14
オルガンコンサート
at 2017-07-15 16:31
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
郷愁
毎週金曜日に、訪ねるサイトがあります。プロのライター達が、日替わりで書いている、日刊デジタルクリエイターズという無料のサイトです。曜日によってテーマが決まっていて、デジタルな話題や、展覧会、女性ライターのちょっと気になる話、などが、載っています。 金曜日は『映画と夜と音楽』というテーマで十河進さんという、50代半ば(?たぶん)の男性が書いています。最初にこのサイトを知ったのは、ドストエフスキーの舞台について検索した時でした。一昔前に観劇した、劇団四季公演の感想を書かれていました。その後、2年間続いたサイトを祝って、メールを送って返事を頂いたりもして、時々立ち寄り、取り上げられている本などを読んでみたりしていました。
 先週は『郷愁』(内海隆一郎著)があがっていましたので、早速読んでみました。表題作を含めた短編集で、9作品が入っていました。『50歳半ばになって、待てよ、自分には他にやるべき事があったのではないか、』と呟くようになった、中堅カメラマンが主人公です。『家庭なんかどうなったって、かまうものか、って、男には一生に一度はそう思う時がある』写真を撮りにいったポルトガルの地で、男はそう思い、かの地に、とどまる決心をする・・。ポルトガルのファドという歌に誘われるように、それまでの人生を捨てようとするのです。なんだか身勝手のように思えるのですが・・。 十河さんは以前にも『風の盆恋歌』(高橋治著)を取り上げていましたが、この本も、『自分には他にやるべき事があったのではないか、』と後戻りして、風の盆の期間だけ、昔の恋人と八尾に暮らす、という話でした。根底に流れているテーマは同じように思います。大人の男性の過ぎていってしまった時間への懐かしさ、というものなのでしょうか。50代になったら、理解できるのか、女性には理解できない世界なのか。はたまた、女性からは、許してはいけない世界なのでしょうか。(2004-10-29)
[PR]
by klavier_noten | 2004-10-29 20:58 | 小説・エッセイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klaviernot.exblog.jp/tb/2939940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。