by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
風の盆恋歌 /高橋治
あそこからもう一度やりなおしたい・・。
「風の盆恋歌」は回想の物語です。ここで語られるのはかつての恋。登場するのは五十を過
ぎ、あり得たかもしれない別の人生、別の人との時間を取り戻そうとする男と女。
語り手は八尾の住人とめという老婆。とめは諏訪町にあるその家の管理を引き受けることにした。「風の盆」の三日間だけ使うために八尾に家を買った男、とめは男に「奥さんはやってこ
ないのか」と問いただし、男の苦渋に充ちた顔を見てしまう。そして、四年目の九月一日、
待っていた人は来た。
男は大手新聞社の外報部長、海外を赴任してまわり、戦地の取材も経験している。しかし、弁護士の妻は一度も一緒については来なかった。女はかつての同級生の医者と一緒になった。女には、見合いの話が来る年頃の娘もいる。
二人が十数年ぶりに再会したパリもだが、トレンディドラマのような、お洒落で華やかな花の咲き乱れるようなパリではない。秋の終わりの風が一段と強く冷たくなるセーヌ川の橋の上だったし、ドライブに出かけた先も、嵐の海を見下ろす田舎町だった。この設定が話の先行きを暗示しているかのように印象に残るところ。
ドライブの途中、かつて愛読したアンドレ・ジイドの墓を偶然に見付け、女は「いつか八尾
へ、風の盆へ連れていって」とつぶやく。
あそこからもう一度やりなおしたい。だが、もう一度は許されない。
悲劇的な結末に至るまでの二人の葛藤や思いが、とてもよく描かれている逸品です。
[PR]
by klavier_noten | 2004-12-17 22:58 | 小説・エッセイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klaviernot.exblog.jp/tb/467449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。