by klavier
楽譜 楽書 つぶやき などなど (2005.1-)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログジャンル
カテゴリ
最新の記事
ピアノレッスン100のコツ
at 2018-03-27 18:23
クビ になっちゃった 米国 ..
at 2018-03-17 22:31
「音楽家の駆け込み寺になりた..
at 2018-02-15 12:12
第7回メモリアルコンサート
at 2018-02-07 19:27
芸大指揮からホテルマン そして
at 2018-01-28 23:40
2018
at 2018-01-01 21:50
ハリトーノフピアノリサイタル
at 2017-12-01 20:49
夜想曲 カズオイシグロ
at 2017-10-12 23:24
小さい秋見つけた
at 2017-10-07 16:45
8月
at 2017-08-08 13:56
以前の記事
お気に入りブログ
エキブロ以外のリンク:
外部リンク
最新のコメント
>satoさん よろし..
by klavier_noten at 20:03
かわいい年賀状ですね~♪..
by sato_ongaku at 17:05
最新のトラックバック
クルト・ワイル作曲、「三..
from yurikamomeの妄想的..
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ:楽典( 2 )
jazz hanon
ハノンという名前からテクニック分類かと思われるが、どちらかというと理論の説明に楽譜を使っているというもので、楽典に入れた。
コード説明の本を読んで、それをピアノで弾いてみれば、事足りると思うが、楽典と弾くのは別という区分けをしている人にとっては、弾きながら理解しやすい。
ハノン的なテクニックの練習曲集ではない。
ジャズリズムの基本的な事は書かれている。
jazz hanon/シンコーミュージック/1300円
[PR]
by klavier_noten | 2006-06-25 11:29 | 楽典 | Comments(0)
簡単なメロディーに伴奏をつける
保育士試験曲はメロディー譜にコードネームがついています。
コードネームについての説明は、入門の楽典の本には、大体どれにも載っています。
コードネームがない場合は、メロディーに使われている音を伴奏に使う、というところが基本です。
ドーミソ/シードレド
のメロディーがあれば、
最初のドーミソは、左手主和音ドミソ(もしくはドソ)
シードレドは、属和音シレソ(もしくはシソ)など。
バーナムテクニックの入門書等に左手伴奏がついています。
ドミソとシファソ(属七)が出てきます。
曲の終わりにはシレソよりシファソを使うと終わった感じ、になります。
CD-ROMでも『音でわかる楽典』(音友)などが出ています。
[PR]